享受快乐才是人生的奥义



プロフィール

ringo

  • Author:ringo
  • 桑原水菜先生が大好き!
    連城さんの心はそばにいるたろう!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


爱是残酷
言情小说里利海君的书还是算满另类的,她只写了龙氏,背,乱伦,充斥在她的小说里,但束缚住里面的人物却不是这些,而是两个字"爱""恨"谁也无法给这两种感情划清界线.复杂紊乱的伦理关系,爱与被爱,在父子之间构成了一个循环,杀与被杀交替,恨与爱并行,父亲,情敌,母亲,爱人,兄妹,一家人围着一张酷似的面孔旋转,互相追杀,追根到底他们爱的是一个人,在这场游戏里他们都是受害者,没有谁对没有谁错,错就错在爱的人永远不会爱自己.书里的每个人对爱的执着到变态甚至把自己逼疯,当爱变为人类仅存的东西,那么就注定是场悲剧.爱这东西既不是糖果,也不是童话,在赤裸裸的现实面前,爱是暴力,爱是囚禁,爱是占有,它能不残酷吗?即使再甜蜜,即使它能制造幻觉是如何的美丽,但爱的排它性就注定一场美丽的悲剧,也许有的人甘愿囚禁在这场悲剧中,陶醉在为名为爱的笼子里,但无论用再绚烂多姿的灯火去装饰笼子终归还是笼子啊,在笼子里让自己变的狭隘,变得习惯廉价快乐,这样真会幸福吗?当某天束缚消失的时候,又该怎么办呢,如何去面对三千世界?也许有的人会用足够的时间与理性去重新认识与思考这个世界.也许有的人会抱着美丽的空中楼阁离开这个世界.哪种会比较幸福呢?在小说的结局都是一场伤痕累累,或好,或坏.但可以肯定的是爱从来都是残酷的.到最后得到的却不一定是最初自己所执着的.
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。